第9回銀華文学賞
作品募集要項
index.htmへのリンク
トップページへ戻る

2012年1月11日更新・訂正、応募審査料を外国からは12USドルに


主旨●人生経験豊かな壮年・熟年・シルバー世代の文芸創作活動に光を当て、その小説作品を賞揚し、文学創作エネルギーを顕彰する。また埋もれた才能や稀有な人生体験・世界観を掘り起こし、広く社会に知らしめ、真に価値ある作品を世に残すことによって、日本文学の興隆に寄与する。


募集内容●オリジナルの小説作品。ただしこれまで同人雑誌に発表したものを改作したものも可。一人一篇に限る(複数応募者は失格とする)。

応募資格●2012年6月30日現在において45歳以上

応募規定●
400字詰原稿用紙50枚以内(20枚くらいのものでも可)。
ワープロ原稿はA4用紙を横にして40字×30行で印字。必ず閉じること。

別紙に
(1)応募部門(第9回銀華文学賞応募作品と明記のこと)
(2)タイトル
(3)本名およびペンネーム、それぞれのふりがな
(4)年齢・生年月日(45歳以上という年齢制限があるため、年齢・生年月日のないものは失格とする)
(5)住所・郵便番号
(6)電話番号
(7)職業・略歴
(8)400字詰換算原稿枚数
(9)応募審査料1000円を郵便為替(受取人は空欄のまま。何も記入せず押印もしない)で同封。外国からは12USドル。

応募添付用紙フォーム
印刷してお使いください)


応募原稿は返却しないので、必ずコピーを取ったうえで送付のこと(コピーも可)。
応募先●〒158-0083東京都世田谷区奥沢7-15-13アジア文化社
    文芸思潮「銀華文学賞」係
    Tel&Fax03-5706-7848

※恐縮ですが応募審査料1000円をご協力くださいますようお願い申し上げます。

※重複応募は不可です。一人一応募に限ります。


賞●

銀華文学賞■賞状・トロフィー・賞金20万円(受賞者2名の場合は10万円、3名の場合は7万円)
河林満賞■賞状・トロフィー・賞金5万円
優秀賞■賞状・賞メダル・賞金3万円(数名)
奨励賞■賞状・記念品
入選■賞状・記念品

選考委員●作家集団「塊」メンバー

発表●
11月25日発売予定の「文芸思潮」48号にて中間発表。2013年1月25日発売予定の「文芸思潮」49号に、最終選考結果と当選作・優秀作を掲載。

締切●2012年
6月30日(当日消印有効)。
(ただし、為替を購入できるのは平日に限られるため、6月30日が土曜日である本年は特別に月曜日消印も受領は拒まない)


主催●アジア文化社「文芸思潮」

※主催者から

真摯な文学創作に打ち込んでいる人々に光を当てたい。強烈な体験、強靭な視線、震えるような共感、心に迫る文章、魂を打つ言葉を期待しています。熟年世代・シルバー世代の底力を見せてください。

応募のさいの注意事項


 ※応募原稿の体裁など、主催者側の要望を提示いたします。


●原稿の用紙の大きさはかならずA4にしてください。それより大きいものだと、整理するさい、扱いにくく、非常に困ります。

●綴じ方は、ホチキス留めを推奨します。応募要項の別紙も一番前に置いて一緒に留めてください。原稿枚数が多い場合は穴を開けて紐でくくるなりクリップで留めるなりしていただければ結構です。

●電話番号はかならず記入してください。郵便番号も忘れずに記入のこと。

●読みにくい名前、読みが複数考えられる名前は、よみがなをつけてください。

●折りたたんで小さい封筒に入れるよりも、原稿を折らずに大きい封筒でお送りくださるほうが望ましいです。原稿を伸ばす手間がはぶけますし、コピーもとりやすい。それに小さい封筒だと、どこかにまぎれて失う可能性が大きいのです。

●略歴は、形式は自由です。好きなようにお書きください。